転用・権利移転等、農地に関する手続きは、
神戸三田農地手続サポートオフィス
(行政書士 三入法務事務所)にお任せください。

①農地を農地のまま売買・貸借する場合(農地法第3条)
②農地を農地以外の用途に転用する場合
・所有する農地を自ら転用する場合(農地法第4条)
・転用目的で農地を売買・貸借する場合(農地法第5条)

これらの場合には、農地法に定める許可や届出の手続きが必要です。

許可・届出は、農業委員会などの窓口に申請しますが、その申請書類を作るためには時間と労力を要します

・農業委員会に転用等の可否を相談する
・法務局で登記簿・公図の写し等を取得する
・意見書をもらうために関係権利者を訪問してハンコをもらう
・建築業者から見積もりや図面をもらう

など、要件の調査や書類集めをまず行い、それらを基に申請書を作成していくという流れになります。

登記簿や公図の写しのように、法務局で申請すればすぐにもらえるものは入手が容易ですが、申請書類はそれだけではありません。

その土地の状況によって必要な書類が大きく変わってきますが、土地改良区の意見書や土地の関係権利者の同意などが必要な場合、それらをもらうために、書類を持って関係各所を回らなければなりません。ハンコをもらうために数日要するものもあります。

このように農地に関する手続きには時間・手間がかかりますが、役場の開いている平日の昼間に動ける方であれば、ご自身でも手続きは可能です。

ただし、その時間・手間を省きたいという方は、ぜひご相談ください。

当事務所は、転用・権利移転等、農地に関する手続きを代行いたします。


ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

☎078-959-5750 担当:三入(さんにゅう)



このページの先頭へ